個人輸入代行

red medicines with drugs and capsules

アフターピルを手に入れるとなれば病院で処方してもらうのが一般的です。しかし、現在では通販で購入することが出来るようになっています。
海外の医薬品通販サイトであれば、安く手に入れることができますし、取り扱っている医薬品の種類も豊富です。日本ではまだ出回っていないようなジェネリック医薬品もあります。安く、便利に医薬品を購入できるということで多くの方が利用しています。
海外の医薬品を販売しているサイは、個人輸入代行サイトとも呼ばれます。通常、海外の商品を日本に持ち込む場合には手続きが必要です。ただ、個人輸入代行サイトであれば手続きをすべて代行してくれますので、国内通販と同じように商品を購入できます。
もちろん、個人輸入というのは国が認めているものです。なので、問題なく買い物ができます。

ただ、個人輸入代行サイトでアフターピルを購入するという場合には、条件があります。
その条件とは「本人が使用する目的であること」と「2ヶ月未満の購入量であること」ということです。ですから、譲渡や転売目的で大量に購入することはできないということです。
アフターピルであれば、4錠程度持っていればとりあえずは安心できます。

また、海外の商品を通販するということなので、商品のパッケージや説明書はすべて日本語ではありません。読める場合には問題ありませんが、読めないという場合には事前にしっかりと用法用量、服用の注意点をチェックしておきましょう。
アフターピルは医薬品なので、健康な体を守るためにも服用方法はしっかりと守らなければなりません。